読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「人形はこたつで推理する」 著:我孫子武丸

人形はこたつで推理する (講談社文庫)

人形はこたつで推理する (講談社文庫)

 探偵にも色々有るが、本作のそれは特に異色の部類に入るだろう。名探偵・鞠小路鞠夫は人間ではなく、腹話術師・朝永嘉夫によって操られる腹話術の人形なのだから。
 本作は所謂「本格」ではなく、「ライト・ミステリ」の部類に入るだろう。だが、「ライト」といっても決して子供だましなミステリではなく、軽快さに重点を置きつつもミステリ部分の設計は標準以上のレベルに達している。
 また、本筋には関係ないが、本作は女性の一人称という形で書かれており、その心理描写が「男性作家とは思えない!」と女性読者から熱狂的に支持されているそうだ(女ならぬ私には当然分からない感覚だが)。
 余談だが、以前に某・少年漫画誌に連載されていたミステリ漫画は、「人形師と操り人形が探偵をする」という本作とほぼ同じプロットを持っていた。が、我孫子氏がその漫画に関係していたかどうかは不明である。

評価:★★★☆☆

(初稿:2004/08/19)