読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「人形館の殺人」 著:綾辻行人

人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

「館」シリーズ第4弾。

 舞台は京都。飛龍想一は亡父の残した「人形館」で義母と暮らす事になった。そんな彼の周りでは次々に不可解な出来事が起こり、遂には殺人事件が……。

 本作は「館」シリーズで最も「幻想」よりの作品である。そういった点に気が付かないまま読んでしまうと、恐らく多くのミステリファンは本を破きかねない程の、憤りにも似た何かを感じる事になるだろう。
 とはいえ、本書は決してミステリとして手を抜いてはいない。「犯人探し」に必要な情報は結末の前にほぼ全てが提示されている。しかし、だからこそ「憤り」を感じてしまうのだろう。
 繰り返しになるが、本作は「幻想小説」と言ってしまって不都合無い作品だ。読了しても、どうか本を投げ捨てたり破り捨てたりはしないように。結末に感じた「憤りにも似た何か」こそが、実は本作の魅力なのだから。

評価:★★★☆☆

(初稿:2004/08/09)