読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

独断と偏見によるスマホゲーレビュー

昨年スマホ(padfone2)を購入してからと言うもの、絶賛暇つぶしゲーム中毒となって最早暇つぶしじゃなくてガッツリプレイ状態じゃない? という感じのワタクシが、この一年~最近までにやりこんだスマホゲーについて独断と偏見と主観に基づいてレビューしていきたいと思います。
ステマゲーじゃないよ! スマホゲーだよ!
なお、私の駄文だけでは評価が伝わりづらいと思いますので、「ゲーム性」「動作速度」「通信の快適さ」「課金依存度」の三つの要素に対しての評価を併記しておきます。もっとも、それも私の主観でしかないのですがね。
また、私がAndroid端末しか持っていないので、iPhone版については全く触れていませんのであしからず。

パズル&ドラゴンズ

  • ゲーム性:高い
  • 動作速度:軽い
  • 通信の快適さ:良い
  • 課金依存度:普通

まずは和製スマホゲーの代名詞とも言えるパズドラから。基本的に動作・通信・課金ともにバランスの良い優等生と言う印象。
ゲーム性についてはオーソドックスなパズルをベースとしながらも、モンスターのステータス・属性・リーダースキル・スキルさらにフレンドリーダースキルの組み合わせにより、モンスターの育成やデッキの編成に高い戦略性を求めることが出来るので、古いタイプのゲーマーには受けが良い印象。
動作に関しては後発の作品よりもグラフィック品質などに劣る(?)ため、トレードオフという向きもありますが、対応端末のすそ野が広いのはAndroidでは大きなメリット。
通信は、データ更新時は3G回線ではやや辛いレベルであるものの、それ以外では遅延などを感じさせない。データ更新時以外で通信に悩む事は少ないと思われる。
最後に課金への依存度については、結構気前よく石(魔法石)をプレゼントしてくれるし、初心者時代はクエストでドロップする(いわば無料の)モンスターでもそれなりに戦う事が出来るし(時間はかかるが)、ゲームに慣れる頃には自然と石も溜まってレアガチャを引けるので、ことさら高いという事はないと思います。
ただ、後発のゲームにありがちな「10連ガチャで○○が確定!」みたいな仕組みもないので、ガチャ地獄にハマると地獄が待っているとも言えますが。
最大手らしく様々な作品とのコラボレーションも楽しみの一つ。しかも、コラボによってはリバイバル開催や専用ガチャなども実施してくれるので、途中参戦したプレイヤーがまるっきり置いてけぼり、という事になりにくいのも魅力。



クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

  • ゲーム性:普通
  • 動作速度:やや重い
  • 通信の快適さ:普通(例外有)
  • 課金依存度:やや高い

現在ではパズドラに次ぐ規模を誇ると思われるクイズ系ゲーム。運営元のコロプラの株価がガンホーの後釜のように一時高騰した事でも有名?
まずゲーム性について。クイズゲームに、パズドラと同じような属性、モンスター(精霊)の固有スキル(回答時発動のものとターン数経過で発動可能なもののの二つ)を取り入れており、戦略性を高めているものの、基本的には数パターン存在する戦術を状況によって当てはめていくだけになりがちなので、パズドラ程の戦略バリエーションはない。また、基本的にクイズゲームなので分からない問題はどうやっても分からないという、運の要素が強い側面も。
ただし、複数のプレイヤー同士が成績を競い合うトーナメントや、所謂レイドバトルなども精力的に実装している為、パズドラよりもプレイヤー同士の繋がりが生まれやすい。*1
動作速度は、美麗なキャラクター(精霊)イラストや派手なエフェクトなどグラフィック面が凝っている反面、パズドラと比べてしまうとどうしても重く感じる。特に所持精霊(モンスター)が多くなっていくと、デッキ編成画面などを開くのにもえらく時間がかかるようになるなど、根本的な所で「重く」感じる場面が多々あり。
通信については、普段プレイしている分にはパズドラよりもむしろ快適に思える。が、どうやらデータ取得画面のような特殊な画面を挟まず、画面遷移の間に足りないリソースをサーバーから取得する方式のようで、クエスト開始時や新規精霊取得時などにやたらと画面遷移に時間がかかる時があるなど、不意打ちチックに激重通信テロがやってくる事があるので注意。
課金依存度については、パズドラ並みに石(クリスタル)を配布してくれるので無課金でもそれなりに楽しめる――と言いたい所ですが、月に数回というスパンで新規精霊が配信される為、ちょっと前の強豪キャラが気が付いたら凡キャラに、という場合も多々あり。一応、各種イベントなどで強キャラをゲットできる可能性はあるものの、それにもまず強力なデッキを組まねばならず……。また、上記の通り石はふんだんに手に入るものの、レアガチャの中身が中々に鬼畜で、大半は初心者時代しか使えないような弱キャラしか出ない。パズドラのように、通常ドロップやレアガチャの外れキャラでも時間をかければそれなりの強さに……という事もなくゴミはゴミのまま。合掌。
――ややネガティブな評価になってしまいましたが、各種コラボイベントは頻繁に開催するし、限定イベントもリバイバル開催してくれる場合も少なくないので、運営全体としてはパズドラほどではないにしても、新参プレイヤーにも優しい印象。

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

  • ゲーム性:やや高い
  • 動作速度:重い
  • 通信の快適さ:悪い
  • 課金依存度:普通(対人戦限定で非常に高い)

和製RPGの代名詞的シリーズのスピンオフ作品のスピンアウト(?)。サービス開始直後に驚異のダウンロード数をたたき出して一時話題を呼ぶも、レアガチャの「当選率」が不当に低い事を検証されて袋叩きにあったという鮮烈なデビューを飾ったゲームですね。
――閑話休題
ゲーム性については、「スーパーライト」という文言が嘘のようにモンスターのバリエーションは豊富だし、育成も楽しいし、戦闘についても結構奥深い。とはいえ、原作のように複雑な交配や進化が出来るわけではないので、育成の自由度はそれほど高くない。また、RPGの割にはきちんと両手を使わないとプレイできない(移動がフリックの為片手でしっかりホールドしてもう片方の手でなぞらないと快適にプレイできない)など、もう少しタイトル通りに楽ちんな操作系に出来なかったのかと少々疑問。
最近では対人対戦の「闘技場」が実装されるなど、遊び方の幅は日々進化しているので、おそらくこれからもユーザーニーズにこたえてゲーム性は上がっていくのではないでしょうか?
動作速度については、モンスターのグラフィックがきちんと描きこんであり、またきちんとアニメーションもするので、やや重い。というか、初期はクエストマップのエフェクトも物凄く凝り過ぎていてメモリ不足で落ちまくる事さえあった。今はそれなりに快適に最適化されているものの、やはりメモリを大量に消費するのか、動きが怪しくなる時が多々あり。メニュー画面は昔から今まで常にもっさり。もう少しアニメーションを控えめにしていいから、なんとかならないものか……。
通信の快適さについてはかなりよろしくない。まず、データ更新時にWiFiでも数分かかるほどのデータダウンロードを同意画面なしに強制させられるので、3G回線時にデータ更新が入ったらもう暇つぶし的な時間内にはプレイ不可能。また、データ更新時以外にも、通常のクエスト開始時などにもかなり通信で待たされることも。
課金依存度については、これはもうプレイスタイルによって変わる、としか言いようがないかもしれません。石(ジェム)は潤沢ではないもののログインボーナスや闘技場参加賞でそれなりにもらえたりしますし、何かのイベントの際にはレアガチャを毎日一回無料で引ける、なんて大盤振る舞いもあるものの、本当に使えるモンスターはレアの中でもごく一部。闘技場で勝ち抜く事を考えると、結構重課金する必要があります。ただ、普通に通常クエストやイベントをこなすだけならば、「外れ」のモンスターでもある程度までは戦い抜けるので、遊び方によっては課金が必須とも言い切れず。イベントでそれなりに使えるモンスターがもらえる事もありますし。
また、全体としてユーザーの苦言を真摯に受け止めて改善に動いてくれる運営方針が微妙にうれしかったり。

クイズバトル討鬼伝

  • ゲーム性:普通
  • 動作速度:やや重い
  • 通信の快適さ:良い
  • 課金依存度:普通

コーエーテクモの人気タイトル「討鬼伝」の世界観とキャラクターを採用したクイズRPG
クイズ系としてはオーソドックスなシステムながらも、各モンスター(ミタマ)に「速度」という概念を採用しバトルの戦略性に奥行きを――持たせようとしているのかもしれないけれども、現状は同じ速度のミタマを集中すれば強い、位の単純な戦術しか見出せず、新機軸としては物足りない印象。ただ、後発作品らしく基本的なツボは抑えてあるのと、討鬼伝という人気ゲームのキャラクターをふんだんに利用した世界観は十分に魅力。私的には初穂がかわいくて困るレベルでした、はい。
動作速度は、後発作品の例にもれず、グラフィックなどが凝っているのでやや重い印象。
通信速度は、今の所3G回線でも不満を感じた事はない。
課金への依存度はあまり高くない印象。イベントで手に入るミタマが汎用性こそ欠けるものの性能は十分だったりするので、デッキ編成を工夫すれば無課金でもそれほど困らないし、やたらめったら限定ガチャを乱発するそこいらのスマホゲーと違って、ガチャの訴求広告が控えめなので、ある意味好感が持てる。

ウチの姫様がいちばんカワイイ

  • ゲーム性:やや高い
  • 動作速度:(初期は)軽い(が次第に重くなる)
  • 通信の快適さ:鬼のように悪い
  • 課金依存度:鬼畜レベルに高い

アメーバによる萌え系ピンボールアクション。今秋一周年を迎えたとの事。
ゲームの基本はキャラクターを引っ張って矢のように放ち、ピンボールのようにオブジェクトで跳ね返りながら敵を倒すピンボールアクションに、パズドラなどのように属性とキャラクター(姫)のHP・攻撃力の要素を加えたもの。リーダースキルやターン経過発動型スキルといったこの手のゲームでお馴染みの要素もあり。
単純なピンボールではなく、オブジェクトや敵に固有の反射角が設定されていたりもするので、結構見極めが重要になっている。
一番のセールスポイントは、絵師を安く買い叩いた様々な絵師により描かれた多種多様な「姫」の存在。絵柄に統一感がないものの、逆に好みの絵師に絞ってコレクションしてみるなどの遊び方も可能。一部にはボイスも実装されており、また人気のある姫は頻繁に別バージョンが実装されるなど、ユーザの声が反映されている印象。
ただし、通信は激重。一応キャッシュは保持されているものの、ログイン時やステージ開始時には何故か長く重い通信が発生し、3G回線だとステージ開始を押してから実際に始まるまで数分かかることもざら。ボイスデータの有無や高解像度モードのON/OFFでも大分違ってくるものの、基本的なローディング時間はいかんともし難い。
課金依存度については、私がプレイしたスマホゲーの中では最強クラス。11連ガチャなんてまだ甘い。22連ガチャは当たり前! 22連ガチャを5回引けば限定姫のどれかが確定するぞ? という「確定詐欺」も絶賛実装中。おまけに毎週のように新しい姫が実装されるので、残念!あなたの嫁はもうポンコツ! なんて鬼畜仕様もあるよ!! そうです騙されて一月で今までのスマホゲーではありえなかった位課金したのに目的の姫が全く手に入らなかったのは私ですよ!\(^o^)/
――閑話休題
まあ、色々と文句を言いつつもそれなりに強い姫がドロップするイベントをしょっちゅう開催しているし、バージョンアップごとに鬼の様に不具合が発生したりもするけど案外ユーザーの要望も聞いてくれる運営だしで、それなりには楽しめております。でも、イベント限定姫の進化に必要な素材が重課金でもしないとGET不可能だったり、無料で貰える石が一ヶ月くらいで消えちゃうのは勘弁なー。


アトリエ クエストボード

  • ゲーム性:普通
  • 動作速度:軽い(ただしメニュー画面が重い)
  • 通信の快適さ:良い
  • 課金依存度:やや高い

ガストの「アトリエ」シリーズをモチーフにしたボードゲーム+アイテム合成ゲーム。この冬にサービス開始したばかり。なので参考までに。
ゲーム本編はボードゲームによるクエストでアイテムの素材を採取して、メニュー画面で合成→NPCへ納品というのが基本的な流れキャラクターの強さも装備アイテムの合成(強化)により成長。特定のクエストをクリアすれば次なるクエストと新しい合成レシピが開放される。11月現在では「ロロナのアトリエ」を下敷きにしたストーリーが実装されています。
全体的にメニュー画面がもっさりしているものの、クエスト画面等は軽快なので今後の改善に期待か。
通信は全体的に軽いものの、今現在はそれほどデータを取得する必要がないだろうから、今後コンテンツが増えた際にどうなってくるか注目。
課金については、一部装備を除けばレアガチャで手に入るアイテムはほとんど合成で(長い長い時間がかかるものの)作る事が可能なので依存度低い……かと思いきや、アイテムの合成には実時間(数分~)がかかり一瞬で合成するには石(ジェム)が必要だったり、一度に合成できるアイテムの種類を増やすには課金が必要だったりと、地味に課金・無課金の差が効いて来る。
とはいえ、全てはこれからなので、今後上記の印象は大きく変わってくる可能性もあり。
ちなみに、現在までに「マリーのアトリエ」と「黄昏」シリーズの人気キャラクター・ウィルベルとのコラボイベントが開催済み。ウィルベルのイベントは来月まで続くようなので、シリーズファンはこの機会に手を出して見ては?



オマケ「バディ・コンプレックス 戦場のカップリング」

  • ゲーム性:意味不明
  • 動作速度:重い
  • 通信の快適さ:やや重い
  • 課金依存度:不明

原作アニメが好きだったのでプレイし始めたものの、海のものとも山の物ともつかないゲームシステム、一見して強さが分からないガチャキャラクター、メニュー画面などのもたつきのひどさ、初期ステージなのに理不尽なレアボスの強さ、などに心が折れてしまって二週間ほどしかプレイしませんでした。サービスが続いている所をみるに、それなりにプレイヤーは存在するようですので、ウマが合えば面白いのかも。

ファミ通App NO.019 Android

ファミ通App NO.019 Android

*1:といってもスマホゲー特有の緩いつながりレベルなのでご安心を(?)。