読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

釣られている? 釣られていない?

独り言

痛いニュース(ノ∀`) : 歩行者を信号無視でひき殺したロードバイク乗りが遺族に反論「前傾姿勢で信号が見えにくい。仕方ない」 - ライブドアブログ
お馴染み「痛いニュース」さんのまとめ記事、扇情的な見出しや抽出レスからお約束通りに、はてなブックマークでは怒り心頭なコメントが沢山つけられています。ちなみに、私が付けたコメントは以下の通り。

執行猶予がついたというのが気になる。/偏見ではなく実感でロード乗りはカスばっかだと思う。車の動きも歩行者の動きも全然考慮しないで自己中な運転する奴ばっか。何度怖い思いや不快な思いをさせられたことか!

我ながら身も蓋もないコメントです。痛いニュースさんの見出しよりもむしろ扇情的といえますね。はてなスターが付かなくてむしろほっとしています。
ただし、後段は元記事とはあまり関係のない私的な感情ではありますが、むしろ本題は前段に書いた「執行猶予なのが気になる」の方だったりします。元記事はおろか被害者遺族の方のブログ、他メディアでの報道内容もチェックしたのですが、決定的に「執行猶予」処分となった理由が見受けられなかったのです。

かように、私のような直情的突撃バカでもそれなりに元記事を読み込んだり情報を収集したりしてからコメントしている訳ですから、一見感情に任せているように見えるブックマークコメントにも、その裏には――程度の差こそあれ――ある程度客観的事実を把握してから書かれているのだな、と察せられるものが少なからず見受けられます。
むしろ逆に「見出しに釣られ過ぎ」とか「元記事読んでないのか?」などと、最早テンプレとなった「冷静な俺格好いい!」系のコメントを投稿している方の中には、関連情報を収集していないのがバレバレだし、自分の方が元記事参照してないんじゃない? と思わせる向きが散見されます。多分、感情的なコメントをしている人間は例外なくバカだと思っているのでしょう、そういう方は。酷い時はきちんと情報を踏まえた上で憤慨している方にわざわざIDコールして「窘めて」いる例も。

それでも「釣られている」人がいない訳ではない

もちろん、「元記事読もうぜ」系のコメントをしている方々の大概は、自分自身はきちんと情報を収集してから発言しているし、彼らの「窘め」が的を射ていることも多い。元記事からは読み取れないものの、ちょっと検索すればわかる程度の事実誤認をしてしまっている方は決して少なくない。私自身もちょっと油断して、重大な見落としをしたままコメントしてしまって、他の方に窘められてしまうなんてこともありました。なんでもかんでも疑え、とは言いませんが、ソーシャルブックマークのようにある程度自分の「顔」が見えてしまう媒体を利用しているのだから、常にある程度の冷静さを持って吟味する癖を付けておいた方が賢明というものでしょう。一歩間違えれば「バカッター」とか他人事のように笑っていられない状況にもなりえるわけで。

上記を踏まえて

さて、上記のようにある程度情報収集してから発言する事は他人を不快にさせないという点においても、自己防衛という点においても重要な訳ですが、そういった考え方を主張するだけではいまいち生産性が無いので、ブックマーク上で見受けられた「事実誤認」コメントをしている方々に向けて、私が収集できた範囲での情報を提示したいと思います。攻撃したいわけではないのでIDコールはしません。この記事を読んで「あ、やべ」とか思ってくださったらコメントの追記なり修正なりをこっそりしていただければ幸い。

主な情報ソースは以下の通り。元記事はもとより、被害者遺族の方のブログ、他社の報道などは最低限目を通しておいた方が賢明です。

上記に挙げた、web上で私程度がちょっと情報収集しただけのものでも、一部ブックマークコメントの事実誤認に気付く事が出来ます。はてなブックマーカーの方々につきましては、最低限の情報収集をしたうえでのコメントを願いたいものです、自戒を込めて。*2

あー、ちなみにロード乗りに対する私の罵詈雑言は事実誤認とかではなく、あくまで私の体験と観測範囲においての「真実」ですので、「ロード乗りにもまともな人はいる!」とか言われても「あなたの周囲ではそうなんでしょうね」としか言えないので、観測範囲の違いに基づくツッコミは無用に願います、切に。

自転車のルールとマナー (安全に楽しく乗ろう!自転車まるわかりブック)

自転車のルールとマナー (安全に楽しく乗ろう!自転車まるわかりブック)

*1:しかし民事裁判と刑事裁判の判決が矛盾したケースも……。

*2:ただし個人の感情を排除する必要はなく、むしろ自分の価値観を表明する事は他人に新たな視点を提供する事も少なくないのでむしろ好ましい、と思います。