読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「鉄鼠の檻」 著:京極夏彦

京極夏彦 ミステリレビュー

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

京極堂」シリーズ第4弾。

謎の巨刹・明慧寺。その強固な結界に訪問者が訪れた時から、仏弟子たちが次々と惨殺される事件が起こり始め……。京極堂をして「分が悪すぎる」と言わしめるこの怪異に、果たして終わりは訪れるのだろうか?

 前作までの京極堂シリーズは、京極堂による「憑物落し」によって怪異を解き明かし、幻想に囚われていた人々を現実の世界に引き戻す事によって解決を見てきた。もちろん、本作においてもその手法は健在なのだが、少々毛色が違うように見受けられる。
 本作においては、確かに京極堂による「憑物落し」が行われ、怪異は解き明かされる事になる。だが、それでもなお「幻想」がどこかに生き延びていて、余韻を残すのだ。そしてこの「幻想の余韻」は本作より後のシリーズにおいて、より顕著になっていく傾向にある。
 「本格」としては今一歩サプライズが足りない感があるが、本作が醸し出す「結界」という世界観は圧巻。読者としても、ここは「作品」という名の「結界」に囚われた気持ちで読んでみると、より一層楽しめる作品だろう。
評価:★★★★★
(初稿:2004/10/30)