読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「慟哭」 著:貫井徳郎

慟哭 (創元推理文庫)

慟哭 (創元推理文庫)

 デビュー作ということで、少々筆の粗さこそ目立つが、文章自体は非常に素直で読みやすい。
 さて、肝心要のミステリとしての魅力だが、全体の三分の一までは不満無く楽しめるものの、残念ながらそれ以降の部分は凡庸な作品に終わってしまっているように感じた。読者のミスリードを誘う本作のメイントリックの手法は、余程の技巧を駆使しない限りは一般的なミステリ読みに疑念を差し挟む余地を与えてしまい、「読者を心地よく騙す」事は非常に難しい。
 結末についても、メイントリックに見事に「騙された」人間ならば衝撃をもって受け止められるだろうが、途中で気付いてしまった人間にはある種の居心地の悪さを残すばかり。「驚愕の二段オチ」が欲しかった所だ。
 とはいえ、作品全体の完成度は、新人のそれを遥かに凌駕しており、作者の今後の作品に大いなる期待を抱かせる物なのだが。*1
評価:★★☆☆☆
(初稿:2005/01/09)

Kindle版も有り。

慟哭 (創元推理文庫)

慟哭 (創元推理文庫)

*1:実際、これ以降も貫井氏は意欲的なミステリを数多く執筆されている。