読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「御手洗潔の挨拶」 著:島田荘司

御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)

御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)

御手洗潔」シリーズの短編集

 島田荘司という方は、とにかく「大掛かりなトリック」を描く事が大好きなようで、そういった類のミステリを好む方にとっては安心して読める作家といえるだろう。だが、「本格の匂い」を強く求める読者には、少々物足りないのも事実であろう。「本格」というには 「雰囲気」が足りない。
 しかしながら、本書に収録された短編はいずれも物語として単純に楽しめ、トリックだけを誇張した不出来なミステリ作品とは一味違う。「本格ミステリ」ではなく「本格的なミステリ」とでも言えばいいだろうか。
私的には「紫電改研究保存会」がお気に入りの作品。
評価:★★★☆☆
(初稿:2004/08/21)