読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

HDDレコーダーの録画整理でダビング作業をしていたらいつの間にか深夜になってしかもまだ終わらないので息抜きに録画用ディスクについて語ってみる

独り言

パナソニック 録画用2倍速ブルーレイ片面2層50GB(書換型)10枚 LM-BE50C10BP

いい歳ブッこいたアニメオタクなもので、愛用のHDDレコーダーは毎日のようにテレビアニメの予約録画を実行し、番組改変期近くともなると容量が足りなくなってきて慌てて消したりダビングしたりという、人生において恐らくは無駄極まりない作業に追われる生活を送っております。今期は面白い作品が多い事もあり、アニメだけでも20作以上、ドラマやらドキュメンタリーやら含めると30本以上の番組を毎週録画している事になり、「あれ、俺こんなにテレビっ子だったっけ?」等と思いながら録画を消化する日々。録画数が多すぎて最早観る為に録画しているというよりは、録画したものを消化する為に観ているといった様相を呈しておりまして我ながら一体何をやっているのだろうと考える事もございます――が、それはともかくとして。

HDDに録画した番組というのは、恐らく大半の方は「観たら消す」事になっているのではないかと思いますが、私の場合は生来の貧乏性故か、アニメでもドキュメンタリーでも少しでも気に入ったものはせっせとダビングして保存しておく事が多かったりします。「微妙だったな」というアニメでも、お気に入りのエピソードやキャラクターの一つでもあればダビングして保存してしまう為、アニメをダビングしたBlu-rayディスクだけでも結構シャレにならない数になりつつあります。流石に最近は置き場所に困るレベルになってきたので、数年経って一回も観直さなかった作品は上書きするようにしていますが……例えば、先日などは「革命機ヴァルヴレイヴ」の録画を全部消しましたが、あんな微妙アニメでもいざ消すとなると僅かばかりの寂しさが湧いてくるものですね。



HDDレコーダーからBDへのダビングというと、最近は書き換え可能なBD-REが主流になっているかと思います。一回のみ録画可能なBD-Rの方が7割程度価格が安いのですが、逆に言えば3割程度上乗せするだけで書き換えが出来る訳で、その点が魅力になっているようです。私は更に、収納スペースを少しでも節約したいのでDL(二層)の50GBディスクを愛用しています。DVD時代はまだまだ割高だったDLディスクですが、最近は容量辺り単価でも一層ディスクと遜色ない価格まで落ちていて、コストパフォーマンスの良さを実感できますね。

ただ、安ければいいというものでもなく、BD-REを購入する際はある程度クオリティを重視した方が無難です。流石にCD-R時代のような粗悪品こそ無くなりましたが、それでもやっぱり激安メディアには未だに品質のばらつきがある様子。ただでさえダビング(コピー)回数が制限されているデジタル放送ですから、失敗しては目も当てられません。
私がBD-REディスクを買う際に気を付けているのは以下の三点。

一番目は上述の通り、絶対とは言えませんが国産品の方が品質のばらつきは少ない傾向にあります。その証拠、ではないですが、国産品と海外産では値段がかなり違います。大事なデータですから、必要最低限の品質位は確保したい所です。
二番目は意外に思う方もいるかもしれませんが、インクジェットプリンター対応のレーベル面というのはその性質上、水分を結構含んでしまうんです。その結果何が起こるかというと――表面が「べたつく」んですよね。ちょっと油断してディスクとディスクを重ねてしまった場合に、お互いにくっついてしまうなんて事も。もちろん、扱い方に気を付けていれば防げる事故ですが。
三番目は、以前話題になった「Blu-rayディスクを不織布ケースにしまっていたら読み取り不能になった」件を知っている方はピンとくるかもしれません。詳しくは「ブルーレイディスクの正しい保管方法 - サンワサプライ株式会社」等を読んで頂くと分かりますが、BDはDVDよりも保護層が薄いので、ちょっとした傷や不織布の凹凸の「跡」が付くだけでも読み取り不能になってしまう場合があり、個別のケースに入れて保管した方が安全なんですね。スピンドルケースなどで買った場合も個別保管できるケースを別途購入すれば済む話のように思えますが……上述のインクジェット対応のディスクをスピンドルケースで購入した場合、しばらく置いておくと実はえらい事になったり。

――と、多少知識がある人からすれば「何をいまさら」な事ばかり書いてきましたが、丁度ディスク一枚分のダビングが終わった所なので今回はこの辺りで。*1

*1:オチはない。