読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「殺戮にいたる病」著:我孫子武丸

ミステリレビュー 我孫子武丸

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

 恐るべき妄執を心に抱く男・蒲生稔。彼の異常性癖が爆発した時、史上最悪のサイコ・キラーが誕生し、街は恐怖に包まれた……。

 本作を読む上での注意点を一つ。本作は、異常性癖を持った男が次々と残虐な殺人を繰り返す描写が続くため、そういった作品に拒否反応を示す人間には決してお奨め出来ない。
 私自身も残虐表現を苦手とするため敬遠していた作品だが、読了後の(ミステリ的な)衝撃は残虐描写のそれを遥かに凌駕した物だった。
 もし、貴方に本作を読了する覚悟があるのならば、間違いなく激しい嫌悪と恐怖、そしてそれら全てを打ち崩す衝撃に出会える事だろう。

評価:★★★★★

(初稿:2004/08/16)