読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「放課後」 著:東野圭吾

放課後 (講談社文庫)

放課後 (講談社文庫)

デビュー作。江戸川乱歩賞受賞作。
 高校内で発生した密室殺人事件、その謎を追う高校教師、女生徒達の怪しげな振る舞い……。「学園ミステリ」を「本格」の方向へ少しだけ軌道修正するとこのようになる、といった見本のような作品。
 トリック、ドラマ展開ともに破綻と言えるようなミスは無く、基本に忠実なミステリに仕上がっている。が、裏を返せばミステリとしての「爆発力」に欠ける、とも言える。もっとも、本作は人物描写とそれに伴う物語の流れが支持されているようなので、一概に欠点とは言えないのだが。
 「結末」については、唐突に過ぎるように思えた。確かに、伏線(というか余りにもあからさまに「隠された事実」を示した描写)はきっちりと仕込んであったが、何故「彼ら」がそこまで極端な行動に出てしまったのか、その理由が少々希薄なように感じた。
評価:★★★☆☆
(初稿:2004/08/02)