読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「密閉教室」 著:法月綸太郎

密閉教室 (講談社文庫)

密閉教室 (講談社文庫)

 とにかく、じめじめと陰気な雰囲気をまとった本作は、さしずめ「学園ミステリ・暗黒編」とでもいった風情。常に、曇り空のそれにも似た重苦しい感触が付きまとう。
 しかしながら、メインのトリックは蓋を開けてみればただの小細工に過ぎず、またラストも釈然としない。良作と呼ばれるミステリの中にも釈然としない結末をもつものもあるにはあるが、それらの作品にはカタルシスを感じさせてくれる+αが純然として存在する。しかし、本作は内包するじめじめとした雰囲気が一切昇華されないまま結末を迎えるため、カタルシスとは無縁な作品に仕上がってしまっている。正直、読後感が気持ち悪いのだ。
 ミステリに「騙される事の快感」を求めている方――つまり私の同類――には、正直お奨め出来ない作品。

評価:★★☆☆☆

(初稿:2004/08/01)