読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「幽霊刑事」 著:有栖川有栖

幽霊刑事 (講談社文庫)

幽霊刑事 (講談社文庫)

 フィアンセを残し凶弾に斃れた刑事・神崎。が、何の因果か幽霊となってこの世に舞い戻ってしまった。
「何故自分は射殺されなければならなかったのか?」
犯人である上司の身辺を探ろうとした矢先、今度はその上司が密室で何者かに殺され……。

 読んでいて、「これは我孫子武丸の作品じゃないよな?」と何度も確認してしまったほど、軽快でありそれでいて哀愁漂う作風が堂に入っている。確かに、有栖川作品はある種の軽快さを持ち合わせてはいたが、本作のそれは圧倒的にレベルが高い仕上がりになっている。
 氏お得意のクローズドサークルにも似た、誰にも認識してもらえない「幽霊」というシチュエーションが見事にはまっている。ともすれば漫画的なナンセンスミステリに落ち着いてしまいそうな題材だが、本作はきちんと「折り目正しいミステリ」に仕上がっており、ストーリー展開も秀逸。
 難点は、謎解き部分が結末の性急さに引かれて萎縮している事か。
評価:★★★★☆
(初稿:2004/08/18)