読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

KIRIN「世界のキッチンから エルダーフラワー スパークリングウォーター」を世に出した人間は舌が腐ってるに違いない

ちょっと小洒落たレストランや輸入食品店で取り扱っている「有機コーディアル エルダーフラワー」が大好きです。

有機コーディアル エルダーフラワー 500ml

有機コーディアル エルダーフラワー 500ml

エルダーフラワー」というのはハーブの一種で、日本ではあまり馴染みないかもしれませんが、欧州では比較的ポピュラーな存在。甘い芳香が特徴で、ハーブティーやシロップの風味付けによく使われるのだとか→(参考:体調を崩された方にエルダーフラワー [ハーブティー] All About)。


さて、つい先日スーパーで買物をしていましたら、ペットボトルコーナーで↓の商品を見かけました。

キリンの「世界のキッチンから」シリーズといえば、ロングセラーである「ソルティライチ」をはじめとする、世界の様々なドリンクをアレンジして商品化した定番シリーズ。これはきっと美味しいに違いないと喜び勇んで購入してみたのですが……飲んでみたらこれが激マズ
まず本商品、「スパークリングウォーター」とあるように無糖なのですが、これが根本的な間違い。エルダーフラワーは香りこそ芳醇な甘さを秘めていますが、味自体はどちらかと言えば「エグみ」の強い部類に入ります。その為、無糖の本商品は「鼻を突き抜けるような甘い芳香」と「エグみたっぷりの炭酸水の不快感」がないまぜになり、ある種この世の地獄のような後味の悪さを醸しだしてくれます。何故、素直に甘みを加えなかった……。
とは言え、一度購入したものですから捨てるなんてもったいない! 全部飲みきらなければ、と変な意地が発動してしまいました。
そこで「甘くないから不味いのであれば、甘味を足せばいいじゃないか」と天啓のごとく閃き、自宅に持ち帰ってガムシロップを投入するという暴挙に出てみました。シャレオツな喫茶店とかで、レモンスカッシュに予め甘味を加えずにガムシロップを添えて提供するアレの発想ですね(?)。


飲み残しの約300mlをコップに移し、ガムシロップを一個投入。軽くかき混ぜて「これならどうだ」と飲んでみると――なんと甘味を全然感じない。あれ、ガムシロップ一個丸々入れたよね? と不思議に思いもう一口飲んでみるも、やっぱり全然甘く感じない。ガムシロップが足りなかったのかと思い、もう一個投入してみるも、やっぱり全然甘くならない。むしろエグみが増した(笑)。

原因は判然としませんが、レモン果汁やレモンピールエキス、香辛料抽出物なども入っているので、それらとの相乗効果でエグみが思いっきり増しているのかもしれません。

久々に煮ても焼いても食えないというか、酷い飲み物に当ってしまったな、と思いつつ、しばらく後に同じスーパーに行きましたら、本商品が早々と処分セール品扱いになっていました。そりゃ売れないよね、死ぬほど不味いもの。


同じシリーズということで、私の愛飲するソルティライチ風評被害を受けなければよいのですが(苦笑)。

キリン 世界のKitchenから ソルティライチ PET (500ml×24本)

キリン 世界のKitchenから ソルティライチ PET (500ml×24本)