読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14 Til I Die

消されるな、この想い

ミステリレビュー「青の炎」 著:貴志祐介

ミステリレビュー 貴志祐介

青の炎 (角川文庫)

青の炎 (角川文庫)

映画「青の炎」の原作

――家族を守るため、少年は「殺人」を決意する。

 警察にも法律にも見放され、生来の頭の良さと若さゆえの性急さから「完全犯罪」を企てる主人公の少年。本作を読んでいて最も強く感じた事、それは主人公の「孤独さ」だった。
 なまじ頭が回るだけに、何とか自分だけの手で問題を解決しようと苦しみ続ける主人公。もし、彼が少しばかり情けない思いをしてでも、友人や周りの人間に助けを求めていれば、「殺人」という最終決定を下さずに済んだのでは? という気持ちが強く残った。
 本作は、読んだ者の心にその類の「刹那」を残して終局へと向かう。哀しいが故に、本作は名作である。それがまた「切ない」所だ。
評価:★★★★☆
(初稿:2004/08/20)

青の炎 角川文庫

青の炎 角川文庫

青の炎 Blu-ray

青の炎 Blu-ray